ヤクーツク

物語の舞台への旅

ヤクーツク - マーセル・セロー『極北』の舞台

ロシア・ヤクーツク

写真

ゾーンへの道はヤクーツクに向かう古い街道だった。その道路は北に向かって曲がり、レナ河に達して、そこで細くなって轍のついた砂利道になっていた。

ロシア東部、レナ河に面した都市、ヤクーツク。ヤクーツク自体が舞台になるわけではない(すみません)のですが、そのあたりの「極北」を移動していきます。

「ゾーン」に何があるのか、何があったのか、少しずつ明らかになる事実に凍えながら進むことになります。

内容としてはフィクションなので、現実の町に当てはめられないところも多いわけですが、途中、緯度66度の場所という表現が出てきます。ヤクーツクは62度付近ですので、ヤクーツクから4?500キロ北ということになりますね。

ヤクーツクについて

by Wikipedia

このページへのコメント