ボダナート

物語の舞台への旅

ボダナート - 西原理恵子『毎日かあさん7 ぐるぐるマニ車編』の舞台

ボダナート(ネパール・カトマンズ)

写真

このお寺には
ネパール中のすべての民族があつまり
みなそれは熱心に祈り歩いている。

ネパールへ子連れで旅する西原。カトマンズの寺院でマニ車を回す。「仏陀の知恵の目」が描かれた仏塔が印象的な寺院なのでボダナートかと思いますが、作中ではボダナート(あるいはスワヤンブナート?)という名前は出てきません。

ネパールのなかで最重要な聖地です。

ボダナートについて

ボダナート(BoudhanathまたはBouddhanath)は、ネパールのカトマンズにある、高さ約36mのネパール最大のチベット仏教の巨大仏塔(ストゥーパ)である。「カトマンズの渓谷」の一部としてユネスコの世界遺産に登録されている。

世界のチベット仏教の中心地であり、中心にはブッダのお骨(仏舎利)が埋められている。

ボダナートの「ボダ(ボゥッダ)」は「仏陀の」「仏教の」「知恵の」を意味し、「ナート」は「主人」「神」などを意味する。三重の基壇と直径27mの石造りドームからなり、その上には四方を見渡すブッダの知恵の目が描かれている。塔頂からはタルチョーという万国旗を思わせる旗が八方に掛かり、独自の雰囲気を醸し出している。

仏塔及び周辺施設は二階及びそれ以上に登ることもでき、周囲を見渡せるようになっている。ただし、仏塔二階はチベット仏教徒たちの催事の時には立ち入れない。

この仏塔の周りを、毎朝、信者たちがマニ車を持って周囲を108回右回りする。仏塔の周囲には仏塔を取り囲むように360度にわたって土産物店が立ち並び、観光地特有の賑わいをも見せている。また、宿泊施設や多彩な飲食店も数多く存在し、周辺の観光拠点としても利便性に富む。

ただし、周辺には小さな路地が張り巡らされており、一般居住地域との境目が分かりづらいくなっているので、むやみに足を踏み入れてしまわないように注意が必要である。

なおネパールでは通常बौद्धनाथ(Bauddhanath)と綴り、ボウダナートやボウッダナートと発音される。 あるいは単にबौद्ध(Bauddha)とだけ呼ばれることもある。

by Wikipedia

このページへのコメント