フォンテーヌブロー

物語の舞台への旅

フォンテーヌブロー - 池澤夏樹『異国の客』の舞台

フランス・フォンテーヌブロー

一方、パリには公園と並んでたくさんの広場がある。フォンテーヌブローにしても、このボナパルト広場の他に、今は町営の駐車場になっていて朝市が開かれるスペースにも共和国広場という名が付いている。

フランスはパリの南50キロにある都市、フォンテーヌブロー。歴代の王が滞在し、世界遺産となっているフォンテーヌブロー宮殿(フォンテーヌブロー城)が知られています。

池澤夏樹はここに移り住んで、現地で起こったこと、気づいたこと、考えたことをレポートしてくれます。

フォンテーヌブローについて

フォンテーヌブロー(フォンテヌブロ)(Fontainebleau)は、フランス、パリ郊外の都市である。イル・ド・フランス地域圏セーヌ=エ=マルヌ県に属する。

イル=ド=フランス地域圏で最も広い面積を持つコミューンで、近郊のコミューンの中で唯一パリより広いコミューンである。近隣のアヴォンとその他の小さなコミューン3つとともに、人口約36,000人の都市圏を形成している。この都市圏はパリの衛星都市で、パリのリヨン駅から列車で約40分で結ばれている。

フォンテーヌブローには、歴代フランス王の愛したフォンテーヌブロー城、またかつての王族の狩猟地で現在も自然が保全されている広大なフォンテーヌブローの森があり、パリジャンの週末の余暇地である他に、世界有数のビジネススクールINSEADのヨーロッパ・キャンパスの所在地でもある。

by Wikipedia

このページへのコメント