パリ国立図書館

物語の舞台への旅

パリ国立図書館 - 松浦寿輝『散歩のあいまにこんなことを考えていた』の舞台

パリ国立図書館(フランス・パリ)

写真

パリ国立図書館というこの巨大な言語集蔵施設をかつてはあまり好きになれずに終ったのは、何かの宗教的な殿堂にでも漂っているような、人に崇敬を強要する押しつけがましい空気をそこに感じとっていたからかもしれない。

「図書館という機械」より。

フランスはパリにある国立図書館、ビブリオテーク・ナショナルは王室の収蔵物に由来する図書館です。4つの開いて立てた本が向き合っているような建築です。

パリに滞在、資料にあたるためパリ国立図書館に日参する著者、というエッセイ。

このページへのコメント