フォート・ウィリアム

物語の舞台への旅

フォート・ウィリアム - 池澤夏樹『叡智の断片』の舞台

イギリス・フォート・ウィリアム

今回、フォート・ウィリアムズからルイス島というコースを辿ったが、どちらも雨だった。「六週間降り続く雨をフォート・ウィリアムズでは何と呼ぶか?」というジョークを聞いた。答えは「夏休み」。

「スコットランドの人と土地」より。

本の中では「フォート・ウィリアムズ」と言ってるけど、「フォート・ウィリアム」と「ズ」が付かないで言うことのほうが多い? まったく別の町のことだったりする?

この地方は雨が多くって、雨が降ってるのが普通、というジョークで紹介されています。

フォート・ウィリアム_(スコットランド)について

フォート・ウィリアム(Fort William、An Gearasdan、、「兵営」の意)は、スコットランドのハイランド地方にある町。人口ではインヴァネスに次ぎ、同地方で二番目に大きい入植地である。

南にコー渓谷を、北にアオナック・ビーグ山、西にグレンフィナン村を擁する観光の中心地。ベン・ネビス山にも近いことから登山やハイキングもさかんで「イギリスのアウトドアのメッカ」と呼ばれる。ほかにもマウンテンバイク・コースやウェスト・ハイランド街道ないしグレート・グレン街道、インヴァネスから通ずる自転車道でも知られる。

総人口の7.33%にあたる726人がゲール語を話す。

by Wikipedia

このページへのコメント