エジンバラ

物語の舞台への旅

エジンバラ - 椎名誠『ぶっかけめしの午後』の舞台

イギリス・エジンバラ

エジンバラはいま夏にむかってぐんぐん毎日の日照時間をのばしているところで、夜は九時半ぐらいまで充分明るい。石の街にいつまでたっても衰えない斜めの強い陽光が差し込み、実にさわやかに美しい。

スコットランドの首都、エジンバラ。椎名誠も珍しく風景描写を始めてしまうくらい、美しい古都です。

さて、スコットランドといえばスコッチウィスキー。このエッセイ中でも、ウィスキーをたらふく飲みます。生牡蠣にウィスキーを注いですすり込む、というやり方、村上春樹『もし僕らのことばがウィスキーであったなら』にも書かれてましたが、うまいんだようこれが!ということで椎名的ヨロコビとともに描写されるともうたまりません。

エディンバラについて

by Wikipedia

このページへのコメント