アルハンブラ宮殿

物語の舞台への旅

アルハンブラ宮殿 - 清水義範/西原理恵子『雑学のすすめ』の舞台

アルハンブラ宮殿(スペイン・グラナダ)

写真

つまりアルハンブラ宮殿から受ける印象は、滅びていく者の、寂しい美しさなのだ。そして多分、だからこそ日本人にはこの美しさがよくわかり、愛さずにはいられないのだろうな、と思う。

「アルハンブラ宮殿の美」より。

スペイン南部、ダラナダにある。イベリア半島最後となったイスラム王朝の都として、壮麗なアルハンブラ宮殿はよく知られています。

作中では、著者が実際にアルハンブラを訪れたときの印象を交えながら、その歴史と文化を語っています。

アルハンブラ宮殿について

アルハンブラ宮殿(アルハンブラきゅうでん、la Alhambra ラランブラ)は、スペインのアンダルシア州グラナダ県グラナダ市南東の丘の上に位置する城塞・宮殿である。

by Wikipedia

このページへのコメント