ヴェネツィア

物語の舞台への旅

ヴェネツィア - カズオ・イシグロ『夜想曲集―音楽と夕暮れをめぐる五つの物語』の舞台

イタリア・ヴェネツィア

写真

ある朝、観光客に混じってすわっているトニー・ガードナーを見た。ベネチアはちょうど春に変わろうとしていて、私たちは一週間前から戸外で演奏するようになっていた。

「老歌手」より冒頭。

日本人観光客も多い「水の都」、ヴェネツィア。主人公のギター弾きが、老歌手に請われその妻のためにギターを弾く。ヴェネツィアの運河に浮かぶゴンドラで。映像的な美しさのある短編です。

ヴェネツィアについて

ヴェネツィア(Venezia)は、イタリア共和国北東部に位置する都市で、その周辺地域を含む人口約26万人の基礎自治体(コムーネ)。ヴェネト州の州都、ヴェネツィア県の県都である。ヴの表記によりベネチアと表記されることもある。

中世にはヴェネツィア共和国の首都として栄えた都市で、「アドリア海の女王」「水の都」などの別名を持つ。英語では「Venice」と呼ばれ、これに由来して日本語でもヴェニス、ベニスと呼ばれることもある。

古来はラテン語でウェネティ人の土地を意味し、ウェネティ人が住んでいたアドリア海の奥に広がる土地をウェネティア(Venetia)と呼んだことにちなむ。この綴りをイタリアでのラテン語の読み方に従うと、ヴェネツィアとなる。英語でヴェニス(Venice)、フランス語でヴニーズ(Venise)、ドイツ語でヴェネーディヒ(Venedig)と呼ばれる。ヴェネツィア方言では、古語は Venexia、現代語では Venessia(まれに Venezsia)と表記され、ヴェネーシアとヴェネースィアの中間に近い音で発音される。

日本語の表記では、イタリア語由来のヴェネーツィアをはじめ、ヴェネチア、ベネチア、ベネツィアなどもある。英語由来では、ヴェニス、ベニスなどがある。

by Wikipedia

このページへのコメント