ユトレヒト

物語の舞台への旅

ユトレヒト - 大崎善生『ドイツイエロー、もしくはある広場の記憶』の舞台

オランダ・ユトレヒト

ユトレヒトの市内をぐるぐると歩き回り、私は世界一のドイツイエロータキシードのブリーダーと誉れの高いシュミット博士の家にたどりついた。

「ドイツイエロー」より。

オランダ第4の都市ユトレヒト。ミッフィー(ディック・ブルーナ)の故郷ということで、絵本やグッズを集めたミュージアム「ディック・ブルーナ・ハウス」もあります。

ドイツイエロータキシードはグッピーの種になる熱帯魚。ドイツイエローに執心していた恋人の影を追いかけるようにして、世界一のブリーダーの家を訪ねる話です。

ユトレヒトについて

ユトレヒト(Utrecht ユトレフト)は、オランダのユトレヒト州にある基礎自治体(ヘメーンテ)。オランダ第4の都市であり、ユトレヒト州の州都でもある。首都アムステルダムから30キロほど南に位置する。

ユトレヒトは8世紀よりオランダの宗教の中心であった。現在でもオランダ・カトリック教会で最も重要な地位をユトレヒト大司教が担っている。また、復古カトリック教会の大主教座や、プロテスタント教会の教区事務所もユトレヒトに置かれている。17世紀に始まるオランダ黄金の時代にアムステルダムがその地位を奪うまで、ユトレヒトは北オランダ(現在のオランダ国土と言う意味で、ベルギーやルクセンブルクは除く)で最も重要な都市であった。

また、ユトレヒトにはオランダ最大の大学であるユトレヒト大学が置かれていたり、国土のほぼ中央付近という地理的条件より、各地からの道路や鉄道網の重要な結節点となっている。

by Wikipedia

このページへのコメント