ミネソタ

物語の舞台への旅

ミネソタ - ティム・オブライエン『失踪』の舞台

アメリカ・ミネソタ

九月。予備選挙が終わったあと、二人はレイク・オブ・ザ・ウッズ湖畔の森の中にある古びた黄色いコテージを借りた。松と白樺が立ちこめる鬱蒼としたその森には、桟橋とボート小屋がある。

ミネソタ州、アメリカとカナダの国境となる湖、レイク・オブ・ザ・ウッズ(ウッズ湖)。湖北西部の半島の一部がミネソタ州の飛び地になっていて、そのあたりがコテージのあるエリアか。

この湖で、ボートで漕ぎだした(?)妻が行方不明になった(?)事件を追ってストーリーは進みます。

ミネソタ州について

ミネソタ州(State of Minnesota )は、アメリカ合衆国中西部の北、カナダに接する州である。アメリカ合衆国50州の中で、陸地面積では第12位、人口では第21位である。前身のミネソタ準州から1858年5月11日に合衆国32番目の州に昇格した。東側はウィスコンシン州に、西側はノースダコタ州とサウスダコタ州に、南側はアイオワ州に接している。州の北東部はスペリオル湖に接し、ミシシッピ川は州北西部から南東に向かって流れ、州南東部ではウィスコンシン州との州境を構成している。

州都はセントポール市である。ミシシッピ川を挟んだ隣の都市であるミネアポリス市と合わせて「ツインシティーズ」と呼ばれている。州人口の60%近くがこの都市圏に住んでおり、交通、事業、工業、教育、行政の中心である。州西部にあったプレーリーは農業用地に変えられ、南東部にあった落葉樹林も伐採され農業に使われている。人口の少ない北部森林地帯は鉱業、林業およびレクリエーションに使われている。

社会と政治の方向が比較的多様なことで知られ、市民の意識は高く、投票率も高い。健康管理で評価され、識字率も高い。住民の大半は北欧とドイツから移民してきた人々の子孫である。スカンディナヴィア系アメリカ人文化の中心としても知られる。近年は民族も多様化し、アジア系、アフリカ系、ラテン系の移民が増えて、ヨーロッパ系住民および元々のインディアンと混じり合っている。

by Wikipedia

このページへのコメント