バフィン島

物語の舞台への旅

バフィン島 - 椎名誠『極北の狩人』の舞台

カナダ・バフィン島

実際に目でみるポンドインレットはこれまで見てきたチャーチルやベイカーレイクとあまり変わらなかった。つまり北の果てのなにもない寒村、というイメージである。

ポンドインレットはカナダの北の果て、世界で五番目に大きな島、バフィン島にある町です。イヌイットの町。イッカクもいれば北極グマもいます。

椎名誠はテレビクルーを引き連れてイッカククジラを見にやってきてます。

バフィン島について

バフィン島の位置

バフィン島の北東部の海岸

バフィン島(Baffin Island、イヌクティトゥト語:Qikiqtaaluk)は、カナダ北東部(ヌナブト準州)の北極諸島にある島。

バッフィン島とも呼ばれる。面積は507,451 km²で、カナダ最大の島で、世界の島の中では第5位で、世界第7位の島である本州の2.23倍、日本の1.34倍の面積である。

人口は10,745人(2006年)。北部では鉱業が行われている。

先史時代よりバフィン島にはイヌイットが居住した遺跡が残されている。西暦1000年頃ノルマン人航海者レイフ・エリクソンがグリーンランドから西に向けて探検航海した際、発見した陸地にと名づけたが、これは現在のバフィン島だと推定されている。1576年になってイギリスの航海者マーティン・フロビッシャーが到達した。1615年-1616年にイギリスの航海者ウィリアム・バフィンがバフィン湾など島の周辺を詳しく探検し、19世紀にイギリスの航海者ウィリアム・パリーはこの島に先駆者の名前をつけて栄誉を称えた。

by Wikipedia

このページへのコメント