オアハカ

物語の舞台への旅

オアハカ - 田口ランディ『オラ!メヒコ』の舞台

メキシコ・オアハカ

「ほーら。あれがウアウトラだ」
 そう言われて、山の中腹を見ると、朝日を浴びて小さな町が白く光り輝いていた。
「まるで......、空中に浮かんでいるみたいな町ね」

マジックマッシュルームで幻覚体験をしに行く旅。ビートルズがやってきたりとか、幻覚キノコについては有名な聖地なんですよね。ウアウトラを目指す人はみなトリップ目的ですか。そうですか。

オアハカ州にあります。

オアハカについて

オアハカ (Oaxaca) またはオアハカ・デ・ホゥアレス(Oaxaca de Juárez)はメキシコの都市。オアハカ州の州都であり、州名と同じ名前の都市としては、国内で最大の人口を持つ。南シエラマドレ山脈の中の標高1,550メートルの高地に位置している。人口は約519,660人(2005年)。市内歴史地区と共に世界遺産に登録されたモンテ・アルバンは市の郊外に位置している。名称の由来は、ナワトル語のウァシャカク(Huaxacac)がスペイン語風に訛ったものであり、後に加えられたデ・フアレスは、初めて先住民族から大統領に選出された同州出身の国民的英雄ベニート・フアレスにちなむ。

観光を最大の産業とし、コロニアル様式の歴史地区及びサポテカやミシュテカなどの先住民族文化を観光資源とする他、モンテ・アルバンへのアクセスも容易。他にもミトラ、トゥーレの木、イエルベ・エル・アグアなど周囲にいくつもの見所が点在する。また、1ヶ月間続く先住民族の祭りゲラゲッツァもよく知られる。ハロウィーンに似た死者の日の祭りも盛大に行われる。

by Wikipedia

このページへのコメント