バグダッド

物語の舞台への旅

バグダッド - 池澤夏樹『イラクの小さな橋を渡って』の舞台

イラク・バグダッド

夜遅くバグダッドに着いて、翌日の朝さっそく町に出た。案外のんびりしている。間もなく戦争になるかもしれないという緊迫感は街路を歩いているかぎり感じられなかった。

2002年10月のイラク。町の様子も人心も、現在は一変してしまったんでしょうが、この本で伝えられるのは戦争直前のイラクです。

「現地をこの目で見たい」という想いは、いろいろな事件を経てかなり微妙なものになってしまいましたけれども、客観的視点に努めたレポートでこの国の「普通の生活」が見えます。

バグダードについて

by Wikipedia

このページへのコメント