グアム

物語の舞台への旅

グアム - 穂村弘『整形前夜』の舞台

そんな覚悟で降り立った南国グアムの第一印象は、何かに似ていた。ホテルに向かうバスのなかで街路樹をみながら、私は考える。そうだ、熱海だ。ここは熱海に似ているんだ。

「グアムとの戦い」より。

43歳にして初めての海外、という著者のグアム旅。熱海に似ている、と言い聞かせることによって、「外国の怖さ」から逃れようとする、の図。

海外の何が怖いのか、の答えの一つは「外国人のフレンドリーさ」。そんなエピソードもあります。

グアムについて

by Wikipedia

このページへのコメント