タヒチ

物語の舞台への旅

タヒチ - 池澤夏樹『ブッキッシュな世界像』の舞台

タヒティはもう別格の観光地になって久しい。ここの雰囲気にはミュージカルの舞台装置のような作りものの匂いが少なからずあり、それと本来の姿を区別するのは容易ではない。

タヒチかタヒティかはここではどちらでもよいとして。

「南の島」だよねというイメージはあるけどもよく知らなかったりします。あとはゴーギャンを通じてのイメージ?

タヒチとかニューカレドニアとか、旅行先として、昔ほどには聞かなくなったような気がします。あのあたりの南国リゾートっていまどういう状況なんでしょうか。

タヒチ島について

タヒチ島(タヒチとう、Tahiti)は、南太平洋フランス領ポリネシアに属するソシエテ諸島にある島。首都はパペーテ。面積1,048 km、人口約17万人(2002年推計)。南太平洋有数のリゾート地として知られる。冒険家ヘイエルダールの逸話や、画家ゴーギャンが晩年移り住んだ島としても有名。かつてオタハイト島(Otaheite)とも呼ばれた。

火山性の山がちな島で、最高峰は標高2,241 mにも及ぶオロヘナ山。島の周囲をサンゴ礁が取り巻き、火山性特有の黒い砂浜が多いのが特徴である。タヒチ島は大小の二つの島が地峡でつながってヒョウタンのような形をしている島である。大きい方がタヒチ・ヌイ、小さい方がタヒチ・イティと呼ばれている。隣のモーレア島までは18kmで高速船で30分、飛行機で7分。

道路は、右側通行である。パペーテ・タヒチ国際空港がある。

by Wikipedia

このページへのコメント