おうちにかえろう

近況報告

震災時 帰宅支援マップ

あちこちで話題になってますが私も買いまして鞄に持ち歩くことにします。『震災時 帰宅支援マップ』(昭文社)。首都圏で勤務中に被災した場合に、自宅まで歩いて帰る場面を想定した地図です。幹線沿いに水やトイレのポイントが落とされてたり、役に立つ注記がいろいろ。

首都圏での大地震はムードでいうともう秒読みな感じ。水と食料は以前から常にバッグに入れて通勤してて(この前おなかすいたときに食べちゃったので買いなおさないとダメなんだけど。)、後はこういう地図を準備しておかないとな、と思っていたところだったのでとにもかくにも。

内容がどうこうよりも出版のタイミングにうまいことやったなぁと思いました。サイズも手ごろ。

僕の会社から自宅まで、15キロほどです。20キロ以上になると、夕方に被災したときに翌朝までに自宅まで到達できない「帰宅困難者」と定義されますが、15キロならなんとかなるでしょう。

夕方から翌昼にかけて、60キロ歩いたこともありますし。

このページへのコメント