松江・出雲で神々へのごあいさつ

旅行記

行程

2007-06-17
東京―松江
2007-06-18
松江
2007-06-19
松江―日御碕―出雲
2007-06-20
出雲―須佐―出雲
2007-06-21
出雲―三次
2007-06-22
三次―福山
2007-06-23
福山―鞆の浦―東京

松江から出雲へ、神々を訪ねる旅です。八重垣神社、出雲大社に須佐神社、いわゆるパワースポットめぐりですね。木次線、福塩線を使って福山へ抜けます。

2007年6月17日(1日目) また山陰へ?

出がけにうっかり吉方位を調べたら西だと言うじゃないですか。東北にしようかなと思ってたのに。西方で行ってみたいところ・・・隠岐? と何の下準備もなく「いい旅・隠岐気分」になりつつ、松江へ向かうことにしました。隠岐へ船で渡るには境港か松江がベースになるんですけど、境港deゲゲゲなムードでもなかったので松江へ。

新幹線と特急を乗り継いで、ノートPCでゲームを延々やってる間に松江へ到着。現地入りしたらもう夜といういつものパターンで、そのままホテルへ。

2007年6月18日(2日目) 松江

八重垣神社
八重垣神社

まだ時間はたっぷりある、急ぐ旅じゃない。隠岐はあとでいい。とかなんとか言いながら松江を散策することにします。駅からバスに乗り20分ほど、松江エリア有数のパワースポット、八重垣神社を訪れました。

いい神社ですね。いい気が出てる神社って、鳥居をくぐる瞬間にわかる。さっと空気の質が変わるんですよ。こころよい微風に変わる。本殿まわりにも気が回ってるけど、やっぱり裏の池からくる気のほうが強いかな。

ここは縁結びに霊験のある神社です。なにしろ「古代結婚式発祥の地」なんですから。八岐大蛇を退治した素盞嗚尊(スサノオ)が稲田姫命をめとって暮らした場所です。良縁に恵まれたい人はここで祈るといいみたいですよ。

八重垣神社・鏡の池
八重垣神社・鏡の池

さて、本殿裏手、奥の院にある鏡の池へ。森のなか、また急に体感温度が変わった先に、鏡の池があります。厳かな雰囲気に満ちていながらも、気持ちのよい森です。

占い用紙に硬貨を乗せて池に浮かべると、その沈み方で出会いの時期などが占えるというので女性に人気の恋愛祈願スポットになってます。早く沈むと早く良縁に恵まれるとのことで、5円玉よりは10円玉、100円玉、いっそのこと500円玉でどうぞ。僕が行った時にはおばちゃんたちがきゃあきゃあやってました。……あなたたちはもういいんじゃないのか。

八重垣神社の前から「はにわロード」という道が伸びてます。道沿いに唐突にハニワが置いてあったりするんです。古代のロマンを漂わすのにハニワは幼すぎるのではと思うんですけど、山里の柔らかい自然のなかを進む、さわやかな道です。途中、古墳を覗いたりしながら30分ほど歩くと神魂神社に着きます。

神魂神社
神魂神社

出雲国造家の祖、天穂日命が創建したという神魂神社。神の魂と書いてかもすと読みます。急な石段をのぼった先にある国宝の本殿は日本最古の大社造りというもの。そのわりには誰もいなくって静かな社でした。

その名のとおり、境内には神の魂がとどまってるような気がしましたね。気のせいですか、そうですか。

このあたりは古代出雲の中心地だったところ。国庁跡だとか当時を偲ばせる遺構、遺跡が点在してます。それらを見やりながらぶらぶらと歩きます。途中「八雲立つ風土記の丘」には考古史料などを展示する資料館などがある……ようだったのですが改装中で閉まってました。

真名井神社
真名井神社

真名井神社へ。丹後元伊勢にも同名の社がありますし(というかそっちのほうが有名ですけど)、ほかにも全国に真名井はあって、どこも「神聖な水」に名づけられてます。一方で、自然に宿る力・霊力をマナ(Mana)と呼ぶ概念が太平洋の島嶼にありますけど、真名井はもう誰が見ても「マナの湧く井戸」ですよね。要するにムー大陸で使われてた言葉で、それが太平洋にも残ってるし日本にも残ってるということですね(真顔)。

さてそんな真名井神社ですが、東へ少し行ったところに真名井の滝があるというので行ってみたかったのですが道に迷って見つけられませんでした。駅前の観光案内所でもらった地図をもって歩いてるんですけど、もっと分かりやすくしておいてほしいですね。「真名井の水を使った流しそうめん」の看板を掲げる店はやたらと並んでます(でも開いてない?)。

出雲国分寺跡
出雲国分寺跡

出雲国分寺跡に出ました。全容がほぼ完全な状態で出土した、全国でも珍しい遺構です。幼稚園の集団が見学に来てました。歴史を解説しても分かるまいに、見学というより走り回って遊べる空地としてやってきてるんですか? まぁ実際に、だだっ広いただの草むら、ではあるんですけど。

松江城
松江城

バスに乗って松江市街へ戻ります。なんとなく昼を食べそびれてたので駅前で遅めの昼食をとりました。

松江城に行ってみました。11年前にも一度来てますけど、山陰地方で唯一現存する天守閣は、あらためて立派なもんだねぇと感嘆します。「博物館だ」としか言えない城が多いなかで、ここはちゃんとお城です。最上階からは宍道湖が望めます。

だんだん陽が傾いてきて、でもちょっと半端な時間でこのあとどうしようかと、お堀沿いのベンチに座って考えます。外国人観光客多いなーと行き過ぎる人たちを見ながら。

このページへのコメント