堀江敏幸

堀江敏幸プロフィール&ガイド

堀江敏幸(ほりえとしゆき)―1964年生まれ(57歳)。岐阜県多治見市出身。小説家、フランス文学者。

1994年、フランス留学経験を随筆風に綴った『郊外へ』を白水社の雑誌『ふらんす』に連載、以後作家活動。

1999年『おぱらばん』で第12回三島由紀夫賞、2001年「熊の敷石」で第124回芥川賞、2003年「スタンス・ドット」(『雪沼とその周辺』に所収)で第29回川端康成文学賞、2004年『雪沼とその周辺』で第40回谷崎潤一郎賞および第8回木山捷平文学賞、2005年『河岸忘日抄』で第57回読売文学賞(小説賞)、2009年『正弦曲線』で第61回読売文学賞(随筆・紀行賞)、2012年『なずな』で第23回伊藤整文学賞、2016年『その姿の消し方』で第69回野間文芸賞受賞。

関連作家・似てるかも作家:小川洋子 古井由吉 柴崎友香 多和田葉子 角田光代 川上弘美 島田雅彦 奥泉光 山田詠美 宮本輝

堀江敏幸おすすめ本ベスト

  1. 『熊の敷石』表紙
    仕事でやってきたフランスで旧友と再会しすれ違う。主人公が痛切に感じることになる異文化コミュニケーションの難しさ、という主題はさておいて、全体を覆う流麗な文章に身を任せても。上品で上質な読後感の純文学。
    文学(小説)

堀江敏幸レビュー一覧(4冊)

  1. 『いつか王子駅で』表紙
    穏やかな下町生活。刺青と飲み屋と競馬と、でもこんなに洗練されてるのは性善的な慈しみゆえか。全体的に長センテンスなのに緩まない文章。特に咲ちゃんが走るラストシーンでのブレスの長さは技巧も熱量も完成品感。
    文学(小説)
  2. 『河岸忘日抄』表紙
    異国の河岸に係留された船のなか、静かなる隠遁。厭世風に読書して流れてゆく時間。郵便配達人との会話も老人の死も風景画みたいに淡い。思索を続けながら英気を養うような束の間の休息? 穏やかな気持になれる本。
    文学(小説)

堀江敏幸の新刊・近刊

  • 古井由吉/堀江敏幸/築地正明『私のエッセイズム 古井由吉エッセイ撰』表紙
    古井由吉/堀江敏幸/築地正明
    2021-01-26
    河出書房新社
    古井文学にとって「エッセイズム」は核心であり、エッセイは半身をなしていた。全文業から厳選したエッセイの精華を集成。
  • 堀江敏幸/角田光代『私的読食録』表紙
    堀江敏幸/角田光代
    2020-11-30
    新潮社 新潮文庫
    たとえば、物語の中で少女が食べる「甘パン」。あるいは、殺し屋が飲む一杯の「珈琲」。小説、エッセイ、日記…と、作品に登場する様々な「食」を、二...
  • 堀江敏幸『戸惑う窓』表紙
    堀江敏幸
    2019-10-18
    中央公論新社 中公文庫
    窓とは、いったいなんだろう。眺めずにはいられない大聖堂の薔薇窓、木造家の古窓、いつも持ち歩く心の窓枠…マチスは闇を、プルーストは不思議な絵画...