松浦寿輝、池上永一、そのほか

近況報告

更新をさぼってる間に、初めて手に取った作家がいくつか出てきました。松浦寿輝栗田有起池上永一いしいしんじ、それからまだレビュー上げてないけど鹿島田真希青山真治

そのなかでは松浦寿輝がよかったので、ほかの作品も文庫で出てたのを買ってみたりしてます。町田康と同時に芥川賞を取ったころから、気になってはいたんです。装丁とタイトルがカッコイイなと書店で目に付いたりしてたんですが、なんとなく接点がなかった。

今回旅行中に買ってます。旅先の小さな書店だとあまり自分好みの選択肢がとれないようなこともあって、それがうまく作用するといい出会いが生まれるもので。

それから池上永一一年前にオススメされてた『風車祭(カジマヤー)』をようやく読めました。オススメされてたの読んだよーと言っても驚かれるくらいの長いスパンです。

無駄に長いというか本筋じゃない部分もう少し整理してったほうがいいんじゃないかなとも思うんですが、その混沌ぶりもどっぷりと楽しめる作品です。石垣島行きたくなりますね。住みたくなりますね。

一冊読んでそれっきりというのは極力避けたいなと思ってるので、どの作家ももう1作くらいは読みたいと思ってますが、このふたりはもうちょっと掘るかもです。

このページへのコメント