池澤夏樹

池澤夏樹プロフィール&ガイド

池澤夏樹(いけざわなつき)―1945年生まれ(75歳)。北海道帯広市出身。小説家、詩人。

父は作家福永武彦、娘は声優池澤春菜。詩作、翻訳などをやりながら小説へ。

1988年『スティル・ライフ』で第98回芥川賞、1992年『母なる自然のおっぱい』で第44回読売文学賞(随筆・紀行賞)、1993年『マシアス・ギリの失脚』で第29回谷崎潤一郎賞、1994年『楽しい終末』で第5回伊藤整文学賞(評論)、1996年『ハワイイ紀行』で第5回JTB紀行文学大賞、2000年『花を運ぶ妹』で第54回毎日出版文化賞、2001年『すばらしい新世界』で第51回芸術選奨、2003年『言葉の流星群』で第13回宮沢賢治賞、同年その活動により第7回司馬遼太郎賞、2005年『パレオマニア』で第8回桑原武夫学芸賞、2007年その活動により紫綬褒章、2010年『河出書房新社 世界文学全集(第1・2期)』で第64回毎日出版文化賞(企画部門)、同年その活動により朝日賞、2020年『日本文学全集』で第74回毎日出版文化賞(企画部門)受賞。

「理系作家」としてその独特に透明な理知の世界が注目された、『スティル・ライフ』がやはりまずおすすめ。導入部分が(今見ると狙いすぎの感もあるわけですが)美しいです。気に入ったなら『マシアス・ギリの失脚』にも挑戦してください。「重厚!」って思うから。南島好きからか沖縄に移り住み、沖縄論的な著書も。フランスにも住んでましたね。文明論・政治論的な硬い書物も読み応えあります。

関連作家・似てるかも作家:石牟礼道子 黒岩重吾 池澤春菜 山田詠美 堀江敏幸 奥泉光 角田光代 小川洋子 宮本輝 川上弘美

池澤夏樹おすすめ本ベスト5

  1. 『マシアス・ギリの失脚』表紙
    親日家の独裁者が支配する呪術的南島。日本からの慰霊団を乗せたバスが突然消滅し、独裁者は島の霊力に沈み始める。遠い祝祭。広大でシビアな物語世界に、バス・リポートの軽妙さが救いだが、それゆえ救いなく重い。
    文学(小説)
  2. 『スティル・ライフ』表紙
    詩のような導入と「チェレンコフ光」で頭から意表を突く芥川賞受賞作。佐々井の仕事などどろどろした現実なのだがこの透明感は理系作家の真骨頂。文章の科学的美しさ。恐竜との暖かな暮らし「ヤー・チャイカ」併録。
    文学(小説)
  3. 『ハワイイ紀行』表紙
    現地の発音に忠実に、ハワイではなくハワイイと言うのだ。島本来の文化・自然を論じたハワイイ論。固有種が外来種に駆逐されてゆく植物層と民族に鋭く迫る。リゾートは俗物達に任せて、こんな旅の方法もあるんだな。
    文学(日記・紀行)
  4. 『パレオマニア』表紙
    大英博物館の展示物に魅入られ、その歴史を邂逅して在りし地へ旅立つ。「専門家の手前、観光客の先」での掘り下げ方が絶妙にロマンをかきたてる文明論。同じパレオマニア(古代妄想狂)として旅に出たくって堪らない。
    文学(日記・紀行)
  5. 『夏の朝の成層圏』表紙
    無人島に漂着した男を通して痛烈な文明批判が展開される傑作長編。舞台が南島だけあって実に明るくさわやかに物語は進む。自然との一体感、という彼の著作共通の主題が(あるいは彼の人生観が)最大限に生きる作品。
    文学(小説)

池澤夏樹レビュー一覧(70冊)

  1. 『春を恨んだりはしない』表紙
    大震災から半年の論考。震災前から原発の危険性や、風力などの再生可能エネルギーを考察してきた著者なので立場はくっきり。失われた生活から政治の責任、論点が広いのでやや散漫というか言い足りなさは感じるかな。
    文学(エッセイ)
  2. 『池澤夏樹の世界文学リミックス』表紙
    自身が編纂した世界文学全集のPRとしての、文学案内エッセイ。収録作品だけでなく関連する本がつるつる出てくるので、ガイド性より著者の読書量に感服するね。抄録の無印と「完全版」が同時発売、という珍しい形態。
    文学

池澤夏樹の新刊・近刊

  • 池澤夏樹/小島慶子/川本三郎/ほか『わたしのなつかしい一冊』表紙
    池澤夏樹/小島慶子/川本三郎/ほか
    2021-08-02
    毎日新聞出版
    作家たちの心に刻まれた思い出の一冊とは?絵本、小説、詩集、哲学書など盛りだくさん。読んで役立つとておきのブックガイド!
  • あさのあつこ/池澤夏樹/鷲田清一/ほか『特別授業3.11 君たちはどう生きるか』表紙
    あさのあつこ/池澤夏樹/鷲田清一/ほか
    2021-03-08
    河出書房新社 河出文庫
    東日本大震災後、どう生きるか。国語など全9教科をあさのあつこ、池澤夏樹等9名が熱血授業。震災10年目の今こそ、生き方を問う。
  • ウィリアム・ブレイク/池澤夏樹/池澤春菜『無垢の歌』表紙
    ウィリアム・ブレイク/池澤夏樹/池澤春菜
    2021-03-04
    毎日新聞出版
    最強の本読み父娘がおくる〈ことばの薬〉初邦訳から90年、名著が新たな輝きとともによみがえる!こころを癒やす愛の詩集。